使うたびにさりげない満足感を感じてほしい。

暮らしの中にある「快適・便利さ」というものは、じつはあまり意識されることはありません。 むしろ意識されるのは「不快さ、不便さ」であることが多いのではないでしょうか。 そんな「小さな不満」に目をつぶらず、逆に解決することができたなら、明日はもっと快適になると思いませんか? 毎日の暮らしの中にある不満を見逃さず、ひとつひとつ解決していこうという考え方。 それがアイリスオーヤマさんが考えている【ホームソリューション】です。

「機能性」+「デザイン性」で「見せる収納」を実現。

クリア収納シリーズで「中身が見える収納」という価値観を創りだしたアイリスオーヤマが、次のテーマとして取り組んでいたのが「見せる収納」でした。 インテリアとしてリビングにも置ける上質なデザインにするため、木天板の採用というアイデアが生まれたのです。 木天板の上に小物を飾ることもできるので、リビングにマッチするインテリア家具となりました。 このソリューションにより2004年度のグッドデザイン賞を受賞しています。

ペットの暮らしにも、きっと「もっと」があるはず。
発想はヒトに限らず、家族みんなのために。

ペットは大切な家族であり、その家族にしかないライフスタイルがあります。 ペットと共に暮らす中で「もっと快適に、もっと便利に」を実現するのがアイリスオーヤマ。 開発にあたって「飼い主がどう感じるか」ということは「ペットがどう感じるか」と同じくらい大切な問題です。 ひとつ屋根の下でペットと暮らすことが当たり前になった中、特化したソリューションが生まれています。

「園芸」から「ガーデニング」へ。新しい文化をつくるお手伝いをします。

かつて「園芸」という言葉で表現されていたことの多くが、今では「ガーデニング」と呼ばれるようになりました。 あまりにも自然な変遷であるため、気づかない人も多いかもしれません。 そんなさりげない価値観の転換が実現したことは、アイリスオーヤマのひそかな自慢です。 なぜなら、日本にガーデニングという文化が浸透したきっかけのひとつが、じつはアイリスソリューションだったからなのです。 たとえば、素焼きの植木鉢は重量があり、大きいと年配の方や女性が扱いにくいものでした。 そこで、風合いはそのままで軽くて楽に運べるプラスチック製のプランターを提案したところたちまち人気商品になりました。

生活、インテリア<1794>

レジャー・アウトドア<72>

ペット用品<692>

ギフト<948>

ビジネス、ステーショナリー<1499>

フード、ドリンク<882>

家電、AV機器<285>

建材、住宅設備<561>

美容、健康<535>